ニキビ跡をレーザー治療で改善|頑固な跡に照射で歴然の効果

医者

クレーターを治療する方法

フェイス

化粧の仕方に注意が必要

ニキビができている時は気をつけて化粧をしないと、ニキビ跡になって残ってしまいます。いつもと同じようにファンデーションすると、ニキビに負担になって悪化につながります。少しでも負担を減らすようなファンデーションを選ぶ工夫が必要です。まずニキビがある時には化粧下地を使わないことが大事です。化粧下地は油分がおおいのでニキビの元になるアクネ菌にエサを与えてしまうことになるからです。また油分がニキビを塞いでしまうので通気性が悪くなって悪化します。悪化させるとニキビ跡が残りやすいので要注意です。ファンデーションを選ぶ時はパウダータイプがおすすめです。液状やクリーム状のものは油分が多く、しかも防腐剤などの添加剤が配合されているのです。

クリニックの選び方が大切

万一、ニキビを悪化させてニキビ跡が顔に残ってしまったら、セルフケアをしないで早めに皮膚科や美容整形で治療を受けた方が無難です。赤みが残っていたり色素沈着程度なら消すことができます。もしクレーター状に残ってしまったらレーザー治療を受けることになります。気をつけたいのはニキビ跡をいじくり回すことです。化膿させてしまうとクレーター状に残りやすいので、レーザー治療を受けることになってしまいます。レーザー治療では肌の真皮や皮下組織まで照射することができるので、クレーターのような深いニキビ跡も治療することができます。ただしクリニックによって導入しているレーザー機器が違うので、事前に効果などをよく調べてから選ぶ必要があります。